Calender
2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Categories
« 2012年5月 | Main | 2012年12月 »
【イベントレポ】木野彰吾 第三回 歌夜会(第30夜)@大阪 20120616【良いイベントやからって、グダグダやで。(爆)】
Music Prince le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今日は、木野彰吾さんが出演されたイベントのレポです。今回、木野さんが出演されたのは、とある喫茶店で音楽好きのマスターがアーティストさんを呼んで、おいしいお食事と楽しいライブを楽しんでもらおうと企画されているイベントです。
そのイベントに木野さんが出演し、木野さんのつながりでカトゥーカフェさんが出演されました。

出演順は以下の通りです。(敬称略))
笑間珈琲のマスター
カトゥーカフェ(ギターサポート:高松宏至)
木野彰吾

このイベントはどこの街にもある喫茶店位の大きさのお店で、ワイワイとアーティストと観客が楽しく一体になれるほのぼのとしたイベントです。
そして、昔にバンドをされていたマスターが今も趣味として続けておられる音楽を楽しもうという企画のように思います。
まず、最初にマスターの奥さんの手料理が振る舞われました。これがまた、おいしい!イベントの最初はまず、おいしい食事からというちょっとしたディナーショーっぽい感じになりました。

そして、ライブになりましたがまずは、マスターがアコギの弾き語りで、3曲ほど演奏を披露されました。人柄のいいマスターらしい優しいいい感じの歌が続き、オープニングをされました。
そして、続いては、神戸を中心に活動するカトゥーカフェさんで、今回はサポートとして、数多くのミュージシャンのサポートもされている高松宏至さんとともに演奏されました。
カトゥーカフェさんを簡単にご紹介します。神戸出身の癒し系シンガーソングライターで、2007年にバンドを解散してから今も続けているカトゥーカフェとして活動されています。
優しい歌い方に演奏というちょっとコーヒーでも一杯飲みながら、ゆるりと聞きたくなるそんな感じのアーティストさんです。
ライブの方では、ご自身が企画されている「種まきまきまき神戸」を主宰し、イベンターやライブハウス発信ではなく、出演アーティスト自身が企画・制作から始めて育てていくアコースティックサーキット(ブログから引用)を精力的にされています。
カトゥーカフェさんのステージはオリジナルソングを4-5曲歌われていました。カトゥーカフェさんもマスターに負けないぐらいのいい人で、いい感じの歌が続きました。
サポートのギタリストの高松宏至さんと2人でされましたが、ステージというか、演奏する場所が狭いので、物凄く窮屈な感じでしたね(^^;;;でも、ええ歌はええ歌っすよ。
そして、トリは木野さんの登場で、ステージを始める前に、カトゥーカフェさんのサポートに来られていた高松さんがB’zのファンということで急きょ、即興コラボが始まり、高松さんがギターを演奏しながら、木野さんが歌うというスペシャルユニットでB'zのHOMEをカバーされました。
ただ、急きょ決まったということで、スマホを片手に歌詞を見ながら、歌っていた木野さんが途中、歌詞が見えない?ハプニングのためにごまかしをかましたりとおもろいコラボとなりました。
でも、何とか、稲葉さんほどではないにしても、シンガーですからね。ちゃんと歌えてましたよ。
即興コラボが終了したところで、いよいよ、木野さんのステージが始まりました。今回のセットリストは以下の通りです。

0 HOME(B'zカバー) 即興コラボ (g:高松宏至)
1 右手左手(First Version)
2 ひとり遊び
3 自転車に乗って
4 Epilogue
5 サクラフブキ
アンコール1 即興ソング
アンコール2 明日は今日より良い日でありますように

まずは、右手左手のファーストバージョンということで、シングルに収められているアコースティックバージョンとは違ったバージョンを披露されました。
今までに聞いたことがない感じのスローバラード調の右手左手で、新鮮でした。
その次は、「赤い糸」からひとり遊びで、この歌はアップテンポのナンバーで、披露されたのも、アップテンポに歌われました。手拍子が合わせれそうなノリのいい歌ですね。私としては、生もいいし、シングルに入っているバンドアレンジのひとり遊びもものすごく良い歌と思います。
次は、復帰後に初めてリリースしたミニアルバム「STATION」から「自転車に乗って」と「Epilogue」が披露され、これは初めて、生で聴きましたが、自転車に乗ってが手拍子で合わせるノリのいい歌なのに対して、Epilogueは、スローバラードで、しっとりと歌い上げる木野さんの真骨頂でしたね。
そして、本編最後は、「サクラフブキ」からタイトルソングのサクラフブキでした。この歌は、路上で何回も聴きましたけど、街の雑踏の雑音がない環境で聴くアコギでのサクラフブキもいいですね。最近、音楽を楽しみながらやってるというのが感じ取れる木野さんの今を象徴しているような歌ですね。
本編が終了した時に、実は木野さんに内緒でサプライズを行いました。
木野さんは実は、2009年6月10日にCDデビューして、デビュー3周年を迎えられたとこだったので、お花を贈りました。
野郎からなんで、どうかなと思いますが、木野さんには喜んでいただけて、良かったと思います。
また、そのあと、この喫茶店の常連の女性の方がつくられたケーキもあり、木野さんにとってもいい感じの日になったみたいですね。
本編が終わり、終了するのかと思っていたのですが、アンコールがあり、そこで、急きょ、これから作ろうとしている曲のサビを使いながら、即興で歌詞を考えながら、歌われました。
ノリのいい歌でしたので今後のリリースに期待をしたいと思います。
そして、まさかまさかのダブルアンコールがあり、お客さんからリクエストで、シングル「赤い糸」からの「明日は今日より良い日でありますように」が演奏され、ステージが終了となりました。
イベント終了後は、ファンの方たちと談笑し、木野さんのスマホで木野さんと一緒に記念撮影をして、お開きとなりました。
時間が経つのを忘れるぐらいいい雰囲気でアットホームなイベントで、とてもよかったと思います。

こういったイベントは多くの人が入ることができるライブハウスとかでは無理ですが、こういったイベントもできるだけ、続けて行ってほしいものですね。

と今回のレポはいかがでしたか?なんか、あんまり、(;^^)彡つビシッと突っ込みどころがなかったんで、平凡なレポになりましたが、その辺はご容赦を。(笑)
演奏中の木野さん
DSCF7172.jpg
贈ったお花を片手に記念撮影をした木野さん
DSCF7177.jpg



音楽王子・木野彰吾さんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Music Prince le Journal, Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【ライブレポ】キタオユカ 「めとはなのさき」@大阪 Club Vijon【BE以外やけど、グダグダ(笑)】
Rox Star le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今回は、ゆりりんでも、千晶ちゃんでもないんですが、ゆりりんや千晶ちゃんが所属する事務所以外のアーティストのライブレポです。
今回のライブに行ったアーティストはキタオユカちゃんです。
キタオユカちゃんは、東京で活躍する女子大生アーティストです。元々は、神戸出身で、高校生の時から、大阪のライブハウスを中心に活動されていました。
大学に入学して、しばらくは大阪での活動をしていましたが、大学を変えるのと同じくして、活動拠点を東京に移しました。
ユカちゃんはソニーミュージックとLOTTEが開催した「歌のあるガムプロジェクト」というオーディションで2009年に5000組のアーティストの中からファイナリストに残り、「Sony Music」賞を受賞しました。
東京に活動拠点を移しても、基本的にストリートライブをせずにライブイベントなどに出演することで活動を続けています。
去年の東日本大震災では、被災地の惨状に触れたユカちゃんは被災者の方に思いを寄せながら、触発されたように曲を作りました。「この空がひとつなのは」がその歌です。
この歌は、ユカちゃんの被災地応援ソングで、CD化されていませんが、ユカちゃん自身が被災地に赴き、現地の小学生たちとユカちゃんがピアノを弾き語りしながら、コーラスする部分も収録されたPVが作成され、高田馬場周辺のタウンビジョンで放映されました。

今回、ユカちゃんが出演したライブは、大阪時代からの仲良しの植田真梨恵さん、カヨコさんとのスリーマンライブです。
おそらく、普通、スリーマンライブとなれば、出演順は事前に決まっていると思うのですが、今回のライブでは、ライブ開始直前のMCでお3人さんがステージに上がり、その場でじゃんけんで出演順を決めるという大胆なやり方をしていました。
そのじゃんけんで、ユカちゃんは優勝し、トリを務めることになりました。(^^;ユカちゃん以外の出演順は植田真梨恵さん、カヨコさんの順番となりました。
また、今回のステージは弾き語り形式によるライブということもあり、3人がそれぞれ得意の弾き語りスタイルを披露していました。

植田真梨恵さんとカヨコさんのステージは初めてみましたし、どんな曲を歌われるのか、興味津々でみさせていただきましたが、それぞれ、個性のあるアーティストさんですね。
植田真梨恵さんは、ユカちゃんと同い年ということもあり、弾ける若さが全面に出たステージだったと思います。
カヨコさんは、真梨恵さんやユカちゃんよりも年上ということもあり、その分、ステージに幅があり、魅了していたと思います。
楽曲の印象は弾き語りスタイルですので、CDとかを聴かないと思い浮かばないんで割愛しますね。(^人^;

そして、トリはユカちゃんの登場です。ユカちゃんはアコギとキーボードの両刀使いで、初めはアコギの弾き語りから入りました。
何曲か、初めて聴いた曲でしたが、ユカちゃんの生演奏を聴いたのは、3月の路上以来でしたが、アコギの歌は、去年の8月以来でした。
しかし、音響設備の整ったライブハウスで聴くのは初めてでしたので、感動しました。

そして、キーボードの演奏をしようとしたときにちょっとしたハプニングが発生し、一時中断・・・。(^^;
演奏に使うキーボードとの相性が良くないのか低音部分がベースの音が入るというトラブル?が発生し、スタッフさんに調整し直してもらって、ピアノの音だけが出るようにしてもらって、再開しました。
そして、ロボットボーイやセンチメンタルラブなどを演奏し、途中で重大発表がありました!
なんと!ユカちゃんの初ワンマンが10/3に東京の渋谷eggmanという老舗のライブハウスで開催することが決定したと報告がありました!
MC途中では、ステージの傍で、真梨恵ちゃんとカヨコさんがユカちゃんをじっと見ていたそうで。(笑)ユカちゃんはかなり気になりながら、時には突っ込みいれながら、しゃべってました。(笑)
CDリリースをせずにワンマンライブを開催までこぎつけたことは凄いことじゃないかと思います。しかも、その会場がメジャーで活躍する方々も出演したことのあるライブハウスですから、申し分ないです。
そして、最後の曲は、最近のユカちゃんの代表曲になっている「この空がひとつしかないのは」で、この歌は、カラオケがプラスされましたが、ユカちゃんはキーボードを演奏しながら、歌ってました。
良い音響で聴く歌は最高ですね。そして、終演となり、アンコールへと突入することになりました。

そして、アンコールでは、お3人さんの登場で、ユカちゃんがキーボードで、真梨恵ちゃんとカヨコさんがアコギを持って、このライブのためだけに作られた「めとはなのさき」が3人の演奏で披露されました。
その前のMCでは、カヨコさんがセンターだったのですが、ま~、話がグダグダ。(笑)ま、それでもええんですけどね。(爆)

アンコールが終わり、ユカちゃんたちが物販コーナーに行く途中で、ユカちゃんは観客席にいたファンやお知り合いの方たちに丁寧にご挨拶されてました。それも見ていて物凄くいい印象でしたね。
アテクシは、仕事の時間がありましたので、軽く挨拶し、そして、画像だけを撮らせてもらって、すぐ、帰りました。

今回の感想はユカちゃんのライブハウスでのパフォーマンスを見たのは初めてでしたし、千晶ちゃんやゆりりん以外のアーティストさんの演奏をじっくりみたのは、Lysa*ちゃんのイベント出演と並んで、久しかったので、良かったと思います。新鮮でした。
それにしても、ユカちゃんの衣裳はユカちゃんらしい綺麗な感じで、真梨恵ちゃんがマリリンモンロー見たいって言ってましたね。

ま、こんな感じでグダグダ感は変わりませんが。(笑)以上で、おわたよ~♪ あれ?どこかの新人アーティストのブログの日記のタイトルみたい・・。(爆)


ユカちゃん、カヨコさん、真梨恵ちゃんによる「めとはなのさき」 3man_20120601.jpg


このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
このサイトについては、"Information"をご覧ください。
このサイトにStarGateを設定(リンク)していただけるサイト様は、"StarGate"をご覧ください。


このサイトは当初オカヤンさんのご協力により作成いたしました。オカヤンさんのサイトは閉鎖されてしまいましたが、リスペクトの意を込めてバナー表示させていただきます。サイト名:AI am...

未成年の喫煙、飲酒の防止する環境作りをしましょう。売らないだけではだめです。買わない、買わせない環境づくりを!
Total access:Total
RSS Reader by CANDY CGI- modefied by K-RCI World Service