Calender
2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Categories
ビリー・ジョエルと共に一時代を築いたプロデューサーが天に召された。
Rox Star le Journal / KOJI(qtdreamjp)
このコラムの元記事は英語ですので、ご注意ください。
US music producer and CD pioneer Phil Ramone dies
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-21983894


The US music producer and pioneer of digital recording, Phil Ramone, has died aged 79.
Ramone is regarded as one of the most successful producers in history, winning 14 Grammy awards and working with stars such as Ray Charles, Bob Dylan, Elton John and Paul McCartney.
He produced the first major commercial release on CD, Billy Joel's 1982 album 52nd Street.

Some of his awards were for soundtracks to TV shows, films and stage plays.
A native of South Africa, Ramone learnt the violin at the age of three and played for Queen Elizabeth II at the age of 10.
He became a US citizen at 12, and opened his own recording studio in 1958.
He produced three records that won Grammys for album of the year - Paul Simon's Still Crazy After All These Years in 1976, 52nd Street and Ray Charles' Genius Loves Company in 2005.
"My career as an engineer and producer coincided with one of the most profound periods in pop music history: that of the contemporary singer-songwriter," he wrote in his 2007 book Making Records: The Scenes Behind the Music.
Ramone also won Grammys for soundtracks to Flashdance, the Broadway musical Promises, Promises, and an Emmy for a TV special about jazz great Duke Ellington.
His last Grammy came in 2012, when he won best traditional pop vocal album for producing the Tony Bennett album Duets II.
He was known for bringing artists together for duets, producing efforts by Frank Sinatra and Bono, and Tony Bennett and Paul McCartney among others.
Ramone had been in hospital for several weeks, where he was being treated for an aortic aneurysm.
Confirming his death, his son Matt Ramone said he was "very loving and will be missed".

続きを読む >>


このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Rox Star le Journal | Comments [0] | Trackbacks [0]
今年一年、ありがとうございました。
管理人ブログ / KOJI(qtdreamjp)
 いつもご覧頂きありがとうございます。KOJIです。夏以降、なかなか、更新が滞っていて、申し訳ない状態が続いております。
ライブレポなど、本当は参加したらすぐに書けば良いのですが、ネカフェでは寝てしまうことが多いので、ご勘弁ください。(笑)今年も、多くのライブ鑑賞をさせていただきました。ストリートライブも多く見させていただきました。その中で、新たにであったアーティストさんもいらっしゃいます。来年は、このブログの更新をなんとか豆に出来るように努力したいですね。(^^;
今年はいろんな意味で、私が応援しているアーティストさんたちがなかなか、うまく活動できない状態にあった一年んでしたが、来年こそは活躍していただいて、少しでも多くの人に名が知られるようになってほしいなと思います。
そのためにも、このブログと、アメーバに新設したブログを併用して、書いて行きたいと思います。
今年の総括的な意味で、アメーバブログには、推し度年間ランキングを掲載いたしました。アメーバブログでは、私のアーティストさんに対しての本音やストリートライブとかでの状況に思うことを書いて行きたいと思います。ここでは主にライブレポやアーティストさんのご紹介をできればと思っております。
今年一年、ご覧いただきありがとうございました。また、来年もよろしくお願いいたします。


癒しの歌姫・千晶ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

華麗なる歌姫・悠里ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

音楽王子・木野彰吾さんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Chiaki Loves... le Journal, Music Prince le Journal, Rox Star le Journal, Splendid Lilium le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【イベントレポ】木野彰吾 第三回 歌夜会(第30夜)@大阪 20120616【良いイベントやからって、グダグダやで。(爆)】
Music Prince le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今日は、木野彰吾さんが出演されたイベントのレポです。今回、木野さんが出演されたのは、とある喫茶店で音楽好きのマスターがアーティストさんを呼んで、おいしいお食事と楽しいライブを楽しんでもらおうと企画されているイベントです。
そのイベントに木野さんが出演し、木野さんのつながりでカトゥーカフェさんが出演されました。

出演順は以下の通りです。(敬称略))
笑間珈琲のマスター
カトゥーカフェ(ギターサポート:高松宏至)
木野彰吾

このイベントはどこの街にもある喫茶店位の大きさのお店で、ワイワイとアーティストと観客が楽しく一体になれるほのぼのとしたイベントです。
そして、昔にバンドをされていたマスターが今も趣味として続けておられる音楽を楽しもうという企画のように思います。
まず、最初にマスターの奥さんの手料理が振る舞われました。これがまた、おいしい!イベントの最初はまず、おいしい食事からというちょっとしたディナーショーっぽい感じになりました。

そして、ライブになりましたがまずは、マスターがアコギの弾き語りで、3曲ほど演奏を披露されました。人柄のいいマスターらしい優しいいい感じの歌が続き、オープニングをされました。
そして、続いては、神戸を中心に活動するカトゥーカフェさんで、今回はサポートとして、数多くのミュージシャンのサポートもされている高松宏至さんとともに演奏されました。
カトゥーカフェさんを簡単にご紹介します。神戸出身の癒し系シンガーソングライターで、2007年にバンドを解散してから今も続けているカトゥーカフェとして活動されています。
優しい歌い方に演奏というちょっとコーヒーでも一杯飲みながら、ゆるりと聞きたくなるそんな感じのアーティストさんです。
ライブの方では、ご自身が企画されている「種まきまきまき神戸」を主宰し、イベンターやライブハウス発信ではなく、出演アーティスト自身が企画・制作から始めて育てていくアコースティックサーキット(ブログから引用)を精力的にされています。
カトゥーカフェさんのステージはオリジナルソングを4-5曲歌われていました。カトゥーカフェさんもマスターに負けないぐらいのいい人で、いい感じの歌が続きました。
サポートのギタリストの高松宏至さんと2人でされましたが、ステージというか、演奏する場所が狭いので、物凄く窮屈な感じでしたね(^^;;;でも、ええ歌はええ歌っすよ。
そして、トリは木野さんの登場で、ステージを始める前に、カトゥーカフェさんのサポートに来られていた高松さんがB’zのファンということで急きょ、即興コラボが始まり、高松さんがギターを演奏しながら、木野さんが歌うというスペシャルユニットでB'zのHOMEをカバーされました。
ただ、急きょ決まったということで、スマホを片手に歌詞を見ながら、歌っていた木野さんが途中、歌詞が見えない?ハプニングのためにごまかしをかましたりとおもろいコラボとなりました。
でも、何とか、稲葉さんほどではないにしても、シンガーですからね。ちゃんと歌えてましたよ。
即興コラボが終了したところで、いよいよ、木野さんのステージが始まりました。今回のセットリストは以下の通りです。

0 HOME(B'zカバー) 即興コラボ (g:高松宏至)
1 右手左手(First Version)
2 ひとり遊び
3 自転車に乗って
4 Epilogue
5 サクラフブキ
アンコール1 即興ソング
アンコール2 明日は今日より良い日でありますように

まずは、右手左手のファーストバージョンということで、シングルに収められているアコースティックバージョンとは違ったバージョンを披露されました。
今までに聞いたことがない感じのスローバラード調の右手左手で、新鮮でした。
その次は、「赤い糸」からひとり遊びで、この歌はアップテンポのナンバーで、披露されたのも、アップテンポに歌われました。手拍子が合わせれそうなノリのいい歌ですね。私としては、生もいいし、シングルに入っているバンドアレンジのひとり遊びもものすごく良い歌と思います。
次は、復帰後に初めてリリースしたミニアルバム「STATION」から「自転車に乗って」と「Epilogue」が披露され、これは初めて、生で聴きましたが、自転車に乗ってが手拍子で合わせるノリのいい歌なのに対して、Epilogueは、スローバラードで、しっとりと歌い上げる木野さんの真骨頂でしたね。
そして、本編最後は、「サクラフブキ」からタイトルソングのサクラフブキでした。この歌は、路上で何回も聴きましたけど、街の雑踏の雑音がない環境で聴くアコギでのサクラフブキもいいですね。最近、音楽を楽しみながらやってるというのが感じ取れる木野さんの今を象徴しているような歌ですね。
本編が終了した時に、実は木野さんに内緒でサプライズを行いました。
木野さんは実は、2009年6月10日にCDデビューして、デビュー3周年を迎えられたとこだったので、お花を贈りました。
野郎からなんで、どうかなと思いますが、木野さんには喜んでいただけて、良かったと思います。
また、そのあと、この喫茶店の常連の女性の方がつくられたケーキもあり、木野さんにとってもいい感じの日になったみたいですね。
本編が終わり、終了するのかと思っていたのですが、アンコールがあり、そこで、急きょ、これから作ろうとしている曲のサビを使いながら、即興で歌詞を考えながら、歌われました。
ノリのいい歌でしたので今後のリリースに期待をしたいと思います。
そして、まさかまさかのダブルアンコールがあり、お客さんからリクエストで、シングル「赤い糸」からの「明日は今日より良い日でありますように」が演奏され、ステージが終了となりました。
イベント終了後は、ファンの方たちと談笑し、木野さんのスマホで木野さんと一緒に記念撮影をして、お開きとなりました。
時間が経つのを忘れるぐらいいい雰囲気でアットホームなイベントで、とてもよかったと思います。

こういったイベントは多くの人が入ることができるライブハウスとかでは無理ですが、こういったイベントもできるだけ、続けて行ってほしいものですね。

と今回のレポはいかがでしたか?なんか、あんまり、(;^^)彡つビシッと突っ込みどころがなかったんで、平凡なレポになりましたが、その辺はご容赦を。(笑)
演奏中の木野さん
DSCF7172.jpg
贈ったお花を片手に記念撮影をした木野さん
DSCF7177.jpg



音楽王子・木野彰吾さんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Music Prince le Journal, Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【ライブレポ】キタオユカ 「めとはなのさき」@大阪 Club Vijon【BE以外やけど、グダグダ(笑)】
Rox Star le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今回は、ゆりりんでも、千晶ちゃんでもないんですが、ゆりりんや千晶ちゃんが所属する事務所以外のアーティストのライブレポです。
今回のライブに行ったアーティストはキタオユカちゃんです。
キタオユカちゃんは、東京で活躍する女子大生アーティストです。元々は、神戸出身で、高校生の時から、大阪のライブハウスを中心に活動されていました。
大学に入学して、しばらくは大阪での活動をしていましたが、大学を変えるのと同じくして、活動拠点を東京に移しました。
ユカちゃんはソニーミュージックとLOTTEが開催した「歌のあるガムプロジェクト」というオーディションで2009年に5000組のアーティストの中からファイナリストに残り、「Sony Music」賞を受賞しました。
東京に活動拠点を移しても、基本的にストリートライブをせずにライブイベントなどに出演することで活動を続けています。
去年の東日本大震災では、被災地の惨状に触れたユカちゃんは被災者の方に思いを寄せながら、触発されたように曲を作りました。「この空がひとつなのは」がその歌です。
この歌は、ユカちゃんの被災地応援ソングで、CD化されていませんが、ユカちゃん自身が被災地に赴き、現地の小学生たちとユカちゃんがピアノを弾き語りしながら、コーラスする部分も収録されたPVが作成され、高田馬場周辺のタウンビジョンで放映されました。

今回、ユカちゃんが出演したライブは、大阪時代からの仲良しの植田真梨恵さん、カヨコさんとのスリーマンライブです。
おそらく、普通、スリーマンライブとなれば、出演順は事前に決まっていると思うのですが、今回のライブでは、ライブ開始直前のMCでお3人さんがステージに上がり、その場でじゃんけんで出演順を決めるという大胆なやり方をしていました。
そのじゃんけんで、ユカちゃんは優勝し、トリを務めることになりました。(^^;ユカちゃん以外の出演順は植田真梨恵さん、カヨコさんの順番となりました。
また、今回のステージは弾き語り形式によるライブということもあり、3人がそれぞれ得意の弾き語りスタイルを披露していました。

植田真梨恵さんとカヨコさんのステージは初めてみましたし、どんな曲を歌われるのか、興味津々でみさせていただきましたが、それぞれ、個性のあるアーティストさんですね。
植田真梨恵さんは、ユカちゃんと同い年ということもあり、弾ける若さが全面に出たステージだったと思います。
カヨコさんは、真梨恵さんやユカちゃんよりも年上ということもあり、その分、ステージに幅があり、魅了していたと思います。
楽曲の印象は弾き語りスタイルですので、CDとかを聴かないと思い浮かばないんで割愛しますね。(^人^;

そして、トリはユカちゃんの登場です。ユカちゃんはアコギとキーボードの両刀使いで、初めはアコギの弾き語りから入りました。
何曲か、初めて聴いた曲でしたが、ユカちゃんの生演奏を聴いたのは、3月の路上以来でしたが、アコギの歌は、去年の8月以来でした。
しかし、音響設備の整ったライブハウスで聴くのは初めてでしたので、感動しました。

そして、キーボードの演奏をしようとしたときにちょっとしたハプニングが発生し、一時中断・・・。(^^;
演奏に使うキーボードとの相性が良くないのか低音部分がベースの音が入るというトラブル?が発生し、スタッフさんに調整し直してもらって、ピアノの音だけが出るようにしてもらって、再開しました。
そして、ロボットボーイやセンチメンタルラブなどを演奏し、途中で重大発表がありました!
なんと!ユカちゃんの初ワンマンが10/3に東京の渋谷eggmanという老舗のライブハウスで開催することが決定したと報告がありました!
MC途中では、ステージの傍で、真梨恵ちゃんとカヨコさんがユカちゃんをじっと見ていたそうで。(笑)ユカちゃんはかなり気になりながら、時には突っ込みいれながら、しゃべってました。(笑)
CDリリースをせずにワンマンライブを開催までこぎつけたことは凄いことじゃないかと思います。しかも、その会場がメジャーで活躍する方々も出演したことのあるライブハウスですから、申し分ないです。
そして、最後の曲は、最近のユカちゃんの代表曲になっている「この空がひとつしかないのは」で、この歌は、カラオケがプラスされましたが、ユカちゃんはキーボードを演奏しながら、歌ってました。
良い音響で聴く歌は最高ですね。そして、終演となり、アンコールへと突入することになりました。

そして、アンコールでは、お3人さんの登場で、ユカちゃんがキーボードで、真梨恵ちゃんとカヨコさんがアコギを持って、このライブのためだけに作られた「めとはなのさき」が3人の演奏で披露されました。
その前のMCでは、カヨコさんがセンターだったのですが、ま~、話がグダグダ。(笑)ま、それでもええんですけどね。(爆)

アンコールが終わり、ユカちゃんたちが物販コーナーに行く途中で、ユカちゃんは観客席にいたファンやお知り合いの方たちに丁寧にご挨拶されてました。それも見ていて物凄くいい印象でしたね。
アテクシは、仕事の時間がありましたので、軽く挨拶し、そして、画像だけを撮らせてもらって、すぐ、帰りました。

今回の感想はユカちゃんのライブハウスでのパフォーマンスを見たのは初めてでしたし、千晶ちゃんやゆりりん以外のアーティストさんの演奏をじっくりみたのは、Lysa*ちゃんのイベント出演と並んで、久しかったので、良かったと思います。新鮮でした。
それにしても、ユカちゃんの衣裳はユカちゃんらしい綺麗な感じで、真梨恵ちゃんがマリリンモンロー見たいって言ってましたね。

ま、こんな感じでグダグダ感は変わりませんが。(笑)以上で、おわたよ~♪ あれ?どこかの新人アーティストのブログの日記のタイトルみたい・・。(爆)


ユカちゃん、カヨコさん、真梨恵ちゃんによる「めとはなのさき」 3man_20120601.jpg


このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【イベントレポ】Lysa* 神戸湊川神社楠公祭 【お初の兵庫!】
Rox Star le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今回のレポは大阪を中心に活動するLysa*ちゃんが出演したイベントのレポです。

Lysa* ちゃんを少しご紹介しておきます。Lysa*ちゃんをお見かけしたのは、2010年7月に行われたイベント「Birthday Eve Festival」にOAとして、出演されたのが初めてです。
アコースティックギターを弾きながら、フォークソングを歌う平成のフォークシンガーです。私より上の年代の人にはどこか懐かしい音色の楽曲が多いですね。
また、Lysa*ちゃんは、ファーストシングルをリリースする前に携帯用着メロ配信サイト「MusicBus」でオリジナルソングを配信したところ、週間ランキングで4位を獲得しました。2011年にはFMひらかた主催の「Music Battle vol.6」に参加し、決勝ラウンドに進みました。
でも、まだ、20代前半の可愛い女の子です。(´ω`*)自ら、ピアノで培った音感や経験から作詞作曲し、歌われていますので、Lysa*ちゃんの世界が堪能できると思います。
今は、ファーストシングル「未来の空」をシアーレーベルから2011年9月にリリースされてますので、気になった方は、iTunes Storeでタイトルを「未来の空」アーティストを「Lysa」で検索すれば、検索できます。

さて、本題ですが、今回は湊川神社で行われた「楠公祭」の翌日祭の特設ステージで出演した模様です。
今回の出演は紹介によって出演が決まったそうで、兵庫県で初めて歌うイベントになったそうです。(^^
今まで、Lysa*ちゃんのステージは何回か見させてもらってますが、最近はステージにも慣れてきて、歌声もよく通るようになり、いい感じのステージになってきてるんですよね。
最初に見たときは物凄く緊張していたみたいで、声も演奏もガチガチだったような記憶がありますが、回を重ねるごとに良くなっていってます。
そして、枚方のコミュニティFM局主催の音楽大会の決勝まで行き、その決勝ライブを見たときには、いい感じのステージになって、何か賞を受賞してくれればと思ったのですが、かなりステージのウマいアーティストさんが出演されてましたので、受賞とはいかなかったのですが、Lysa*ちゃんがチャレンジする姿には好印象でしたね。
話はそれましたが今回は、Lysa*ちゃん本人は緊張しましたと言ってましたけど、そんなことを感じさせないいいステージ運びで、歌う時にも余裕を感じさせるいいステージだったと思います。

今回のステージは30分で、セットリストは以下の通りでした。
1.なごり雪(カバー)
2.未来の空(シングル)
3.終りなき海(最新曲)
4.初恋(カバー)
5.振り返れば、静まった病室(オリジナル)
です。

良かったのは、新曲の「終りなき海」とテンポのいい「初恋」が聴けたことですかね。いいセットリストだったと思います。
最後は、「最後を締める曲じゃない」とMCで言ってましたが、「神戸に来れば、必ず歌いたい」と決めていたオリジナルソングで、自分の想いを込めた歌を最後に持ってくることは良いと思いますね。
Lysa*ちゃんの世界観が出せるようになってきているのではないかと思います。今回も、お初の神戸ということで、CDを(σ・∀・)σケ゛ッツ!!しますた。

Lysa*ちゃんが出演するライブイベントがあれば、一度、見に行ってみてください。フォークソングを知らない方も、きっとその良さがわかると思いますよ。

今回のステージの模様はLysa*ちゃんに動画をYouTubeにアップすることを許可していただきましたので、↓に動画を見れるようにしておきます。どうぞ、ご覧ください。

未来の空


終りなき海


振り返れば、静まった病室


動画をご覧になるとき、初期設定の画質が低い場合があります。その場合、右下にあるアイコンのうち、一番、左にあるアイコンにマウスを持って行って「チャンネルの画質」と表示されたら、そのアイコンをクリックし、「360p」か「480p」を選択してください。そうすれば、良い画質でご覧いただけます。


このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【路上レポ】木野彰吾、touma 大阪路上レポ【初めての平日昼間から】
Music Prince le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今日は、5/23に大阪駅御堂筋北口にて、木野彰吾さんが路上ライブをしたレポです。

木野さんの路上を見るのは、本当に久しぶりで、去年の4月にミニアルバム「STATION」を購入した時以来でした。
BEを離脱してからの木野さんの演奏は本当に音楽を楽しんでやっているというのが体からにじみ出ているのがよくわかります。
表情もいいし、歌もものすごく、ストレートにいい感じで伝わってきます。
そして、この日はなんといっても、最新シングルの「サクラフブキ」をリリースした直後の路上でしたので、それを(σ・∀・)σケ゛ッツ!!しに行きたかったので、見に行くことにしました。
この日から、木野さんは、平日にもかかわらず、昼間から路上と言うことでしたので、正直、聴いてくれる方がいるのかなと思いましたが、なんと、北口ではHeartさんという男性の方が弾き語りをされてました。
お昼までも、すでにされている方がいることに驚きましたが、また、歌われているカバー曲を聴いて、木野さんのと被っているのにも驚きました。
さて、木野さんは最近、toumaさんと路上をされることが多く、その日もtoumaさんと一緒にまた、Heartさんに交渉され、3組合同路上をされていました。

toumaさんを少しご紹介させていただきます。公式サイトからの引用ですが。。。。
toumaさんは、2005年から活動を開始され、シンガーソングライターとしては、2007年より活動され、ライブハウスやユニットなどで、活動のち、2011年より今のtouma名義で活動されています。
かなりイケメンのアーティストさんです。普段はキーボードの弾き語りスタイルで路上をされていて、すでにワンマンライブもされています。
男性のキーボードスタイルの方はどうしても、なんか、あまり伝わってこない方しかお目にかかれなかったのですが、toumaさんは、しっかりと歌いこまれていますし、聴きごたえがあると思います。
一度、路上で見かけられたら、お聴きなるといいと思います。
演奏中のtoumaさん。何とも言えない表情になってしまってますね。(^^;toumaさん、スマソ。(^人^;
DSCF7152.jpg

さて、本題のレポに入りますが、この日は天気が怪しい感じだったのですが、なんとか持ってて、ストップもなく、路上にはもってこいのコンディションでした。
また、御堂筋北口は最近では大阪では人気のスポットですが、木野さんが歌われている時も、toumaさんが歌われているときも、かなりの人が足を止め聞かれていたと思います。
木野さんは、1ステージ3曲の中で、カバー曲を2曲入れ、最後にオリジナルの歌を歌うというスタイルで歌われていました。今回は、新しいシングルを出した直後ということもあり、サクラフブキを歌われてました。
この曲を路上で聴けたのは良かったと思います。ノリのいいアップテンポなナンバーですが、アコギで聴いてもそのテンポも変わらず、思わず、手拍子をしてしまいそうになるいい感じの曲でした。
一応、木野さんに録画とYouTubeへのアップロードを許可をいただきましたので、このブログ内でもご覧いただけるようにしておきます。
演奏中の木野さん。この表情が今の木野さんを現わしてますよ。
DSCF7153.jpg

toumaさんのステージはすべてオリジナルの曲を歌われていて、歌われる前に曲の説明をMCでされてから、歌うスタイルは良かったです。
まだ、リリースされていないCDからも歌われていたのですが、この曲が良かったので、次回、リリース後に路上に行けることがあれば、(σ・∀・)σケ゛ッツ!!したいと思います。

私は、仕事が早い時間からの出勤と言うこともあって、2時間だけしかいることができませんでしたが、木野さんの路上は一度、見られてはいかがですかね。おすすめします。一緒に路上されるtoumaさんも推します!
是非、大阪や東京で木野さんの路上を見かけられた方は、CDを(σ・∀・)σケ゛ッツ!!して、聴いてみてくださいね。本当にいい曲に仕上がったクオリティの高い曲ですから。(^^

木野彰吾 サクラフブキ 大阪駅御堂筋北口


音楽王子・木野彰吾さんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Music Prince le Journal, Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【遠征レポ】 20120520 ゆりりん、千晶ちゃんダブルワンマン遠征記【後編でござるぉ。(笑)】
Splendid Lilium le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
さて、最後の後編は、ゆりりんライブレポです。中編では、アテクシの千晶ちゃんへの想いも含めて書きました。
今回は最初から、ちゃんとしたレポ形式をとりますね。(゜゜()O=(--メ)バゴッ

ゆりりんのワンマンのOAも千晶ちゃんワンマンのOAで出演した西村彩華さんでした。今回は、自らの演奏ではなく、ゆりりんのためにサポートしている事務所専属のバンドによる演奏でした。
弾き語りの時とは違って、歌に迫力がありましたし、やはりバンドになると違うなと感じました。
そして、ゆりりんの回の時には、西村さんのファンですかね、数名の方がアテクシたちに陣取っていたセンターをお譲りし、西村さんを盛り上げて楽しんでおられました。
こういう時はファンもお互いの譲り合いの精神で楽しむというのも、ありだと思います。

そして、ゆりりんの登場です。当然のことながら、アテクシが先導して、ゆりりんコールをして、ゆりりんやサポートバンドのメンバーが入場来るのを待ちました。
今回は2部構成でなんと、久々にファーストアルバムの「Login」からも何曲かセットリストに入っていましたので、かなり内容の濃い非常に良いライブになりました。
まずは、今、絶賛発売中の東京野球物語からの楽曲で、いきなり伝家の宝刀「バッタービビってる」に始まり、ゆりりんを中心として、ライブ会場は興奮のるつぼへと誘われました。
そのあとも、ゆりりんは立て続けにノリのいい曲を2曲歌い上げ、応援するこっちは汗だくでつ。(笑)そのあと、聴かせる歌を入れたりして、計6曲ぐらいですかね。
なって、フィニッシュには伝家の宝刀 ゆりりん版「EJ」に相当する「バッタービビってる」で、締めくくりました。
そして、今度は久々のLoginからの楽曲で、ファンのみんなは去年の11月にいったん封印されてしまって以来、半年ぶりにLoginの歌を聴けるとあって、めちゃくちゃ興奮した一種異様な空気が流れていましたが・・・・・
のぞみ46号やStranger、Loginと、おなじみの曲たちが流れるとゆりりんライブを盛り上げるために応援の仕方を考えて来た歌が次々と流れ、会場は一体となって、今までのゆりりんのライブの中ではこの上なく最高のライブになったと思います。
そして、アンコールへと行くのですが、ゆりりんワンマンで一番、アテクシが体力を使うのは実はアンコールでつ。(爆)

それはなんでかと言うと、ゆりりんが衣装替えをして出てくるのと一呼吸おいて出てきますので、長いことアンコールをしないといけないんです。
それで声をからすんですけどね。(^^;;;;

そして、ゆりりんはアンコールでチョイスした曲はバッタービビってるでも、Strangerでもなく、しっとりと聴かせる「スカーレットの憂鬱」を選曲してきました。
汗をかくことが大好きなゆりりんにしては意表をついて、しっとりと終わるワンマンとなりました。こういう終わり方も実はありですよね
アンコールで最後は弾けまくって終わりというのも、良いんですが、しっとりと聴いて落ち着いて終わりというのも、いい物です。

ライブ中、アテクシは周囲の人々の表情も見ながら、アテクシも楽しみながら、盛り上げることを考えてましたが、周囲の皆さんもめっちゃ盛り上がっていただいて、嬉しかったです。
このライブがまた、次へとつながってくれると思いますので、また、応援を続けていきたいと思いますね。
次回は7月になるということなので、それまで時間がありますから、じっくりと内容を煮詰めてもらいたい名と思います。

そして、なんと、びつくりしたのが、次回のレコ発ワンマンのチケットを物販の時に買うと千晶ちゃんがゆりりんの歌をゆりりんが千晶ちゃんの歌をカバーしあいっこしたCDがついてくるというヲタ心をくすぐりまくることをしてくれました。
千晶ちゃんは、ゆりりんのバッタービビってるとスカーレットの憂鬱を、ゆりりんは千晶ちゃんの「Fighting Android」と「未練月」をそれぞれ、分けて収録されてCDがありました。
当然、(σ・∀・)σケ゛ッツ!!したんですけどね・・・・。そのあと、物販の時になんと、千晶ちゃんが歌うバッタービビってるを聴いた瞬間、驚愕を覚えました。
すでに物にしているんですよ。。。。。千晶ちゃんは以前にゆりりんのStarangerをカバーしてるんですが、これも、物にしてるんですよ。
千晶ちゃんの実力の片りんを魅せつけられたと感じました。一応、河野組に入ってますので、河野組としては驚異に感じましたよ。本当に。でも、千晶ちゃんも同レベルとさっき書いたんで、アテクシ個人としては、めっちゃ贅沢で嬉しいカバーなんすよね。。。(´ω`*)

物販も終わり、ライブ会場を後にして、河野組の仲間と参加していただいたファンとで、ミーティングと称して晩飯を食いに居酒屋に行きました。(^^;;
そこでも、ワイワイガヤガヤと楽しく凄し、そして、また、渋谷のネカフェへ・・・・・・・。

そして、その翌日は渋谷駅のハチ公像の近くで金環日食と遭遇し、それを雲のフィルターを通して、見ました。凄い天体ショーでしたね。
そのあとはバスに乗るため、東京駅に向かい、帰路に着きました。

今回のライブレポはこんなもんですが、いかがでしたか?
また、次回のライブの模様も似たような感じなると思うんですが、許してちょんまげ!(爆)
なんじゃ、そら!(ノ´ω`)ノ⌒┻━┻(__()、;.o:。ガシャッ!!



華麗なる歌姫・悠里ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Rox Star le Journal, Splendid Lilium le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【遠征レポ】 20120520 ゆりりん、千晶ちゃんダブルワンマン遠征記【中編だにゃ~(r;´ω`)r】
Chiaki Loves... le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。(´ω`)∩
さて、前編からの続きで、前編では、ワンマンの前日の模様をお送りしました。今回は、千晶ちゃんワンマンの模様です。

アテクシがインディーズを本格的にどっぷりと嵌るきっかけになったのは、なんといっても、千晶ちゃんであることは言うまでもありませんし、間違いありません。
2010年の10月に加護ちゃんのイベントで奈良に行った帰りに立ち寄った三宮駅周辺で路上をしていた千晶ちゃんの声に一発で聴き惚れて、その場でデビューシングル「負けないで」を買ってからです。度々、加護ちゃん応援サイトでも、ご紹介したほどです。
で、加護ちゃんが活動をしなくなって、本格的に千晶ちゃんに傾倒し、今では、アテクシにとっては応援する一番のきっかけになってます。
そんな千晶ちゃんが今回は、次に出す予定のアルバムでどのような形になるかはわからないですが、今までの集大成的なライブになりそうな予感がしていました。
私が行かなかった前のライブの時に千晶ちゃんのライブと言えば、恒例になっていた「Everybody Jump」を封印し、ちょっち寂しいのと、どのように楽しませてくれるのかという期待が入り混じってました。
でも、そんなことは吹っ飛ばしてくれるめちゃくちゃええライブになったと先に行っておきます。一生懸命、工夫して、考えてきたな~と思います。

今回のライブでは、OAとして、同じ事務所の新人アーティストの西村彩華さんが出演され、ピアノ演奏による弾き語りスタイルで3曲歌われました。
西村さんの印象は、最初、見たときにロリ系?と思いましたが、美少女系のアーティストさんで、声も女の子らしい可愛いお声でした。
そして、レコ発ライブということで、シングルの歌を披露され、最初という割にはまずまずという感じではないでしょうかね。
前回のOAで出演した元Ant Girlの廣瀬友里ちゃんの凄いライブを見てますので、物足りなさを感じるのは否めませんが、贅沢な感覚になってしまったみたいですね。(^^;;

そして、続いては千晶ちゃんの登場で、千晶ちゃんのワンマンは他の先輩アーティストのライブと違い、ファンと千晶ちゃんが一体感を作って織りなすライブなんですよね。
カドジュンのように会場の観客の雰囲気を読み取って、瞬時に対応させるやり方でもなく、奈穂ちゃんのようにポリン星満開なライブでもなく、唯ちゃんみたいに聴かせながら、盛り上げていくのでもなく。。。。
千晶ちゃん自身が選曲してきたセットリストは千晶ちゃんが一生懸命考えて、EJが無くても、盛り上げて観客を満足させようという心意気があるライブなんですよね。そこが他のアーティストとは違うところなんです。
また、歌唱力も事務所中で抜群の実力で、カバー曲であっても、オリジナルの世界観を損ねることなく、千晶ちゃんカラーに染めていくその才能は他のアーティストにはまねのできない天性の物なんですよね。
そこが千晶ちゃんの一番の魅力だし、そして、歌ってる間に魅せる笑いの取れるMCなど、魅力いっぱいのライブです。

そして、今は、事務所内で唯一の歌謡曲路線を担当している千晶ちゃんですが、はっきり言って、この路線に転向して以来、あまり評判が良くないことも知ってますが、一生懸命歌う千晶ちゃんは何を歌っても、その歌の素材を活かす力があるのだと思います。
今回のライブでは、EJは本当になかったのですが、それでも、演歌ベースでありながら、ノリのいい歌や、しっとりと聴かせる「桜ひらり」のフルバージョンとか、楽しめるライブでした。
私は実は千晶組という千晶ちゃんをナンバー1に応援するファンのグループからは抜けていて、今は、河野組と言われるゆりりんのファンの仲間の中におります。しかし、千晶ちゃんへの想いだけは、ゆりりんと同レベルで下げるつもりはありません。ただ、優先順位だけの問題になってるだけです。

それだけ、千晶ちゃんは魅力ある良いアーティストさんなんですよね。ま~、いろいろ、所属事務所には注文を付けたいところはありますが、それが採用されなくてもいいのですよ。
ただ、千晶ちゃんが幸せに歌い続けるのと、メジャーになるための応援を千晶ちゃんの本人のためにしたいと思ってるだけなんで。(笑)
とライブのレポと言うよりは自分の意見を発表している場になってますね。それでも、良いんです。それだけ、千晶ちゃんの歌声はアテクシの心の横に寄り添ってくれているんで。(笑)

とゆりりんライブレポに続きまつ。(^^; 

ライブレポじゃないまま、終わってるやないか!(;^^)彡つビシッ



癒しの歌姫・千晶ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Chiaki Loves... le Journal, Rox Star le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【遠征レポ】20120520 ゆりりん、千晶ちゃんダブルワンマン遠征記【今回は3部作やで~(爆)】
Chiaki Loves... le Journal / KOJI(qtdreamjp)
いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今回のレポは、千晶ちゃん、ゆりりんのダブルワンマンの模様でつ!
今回も・・・・・・・・
いつものように・・・・・・・・(^^;
長いじょ~。(笑)
(;--)-C<ioi)ぎゅ~


ってことで、最近、アテクシの東京遠征と来れば・・・・・前日乗り込みをすることが恒例になってます。
というのも、当日に乗り込むとワンマンの時がしんどいからなんですけどね。
それに、交通費のことを考えたら、安くで行けるのが、昼間だということがわかったからです。

さて、今回も前日乗り込みをして、夜に東京に着いたら、路上を見に行きたいと思ってましたので、今回は、ゆりりんと千晶ちゃんは翌日のライブのために路上を休んでいたので、ゆりっぺこと廣瀬友里ちゃんともりここと森山優理子ちゃんの路上を見に行きました。
路上の場所は諸事情があるので、ご勘弁ください。
まず、初めて、ゆりっぺの路上を見に行って、思ったんですけど、改めて、情感を込めて、ゆりっぺらしい世界観を出した歌い方をする歌い手さんだな~と思いました。
ゆりっぺの歌ってる時の画像 綺麗なお姉さんはええね~。(´ω`*)
DSCF7137.jpg
見に行った日はどうも、風邪を引いてたみたいで、早めに撤収するということで、1ステージだけしか見れなかったですが、良かったと思います。
発売中のシングルの「会いたい」からタイトルソングと「それでも、好きだよ。」をキーボードの弾き語りで歌いました。歌い方はどこか京都のソウルシンガー・トミタショウゴさんのカラーとダブってました。
トミタさんは魂を込めて、歌ってる感じなんですが、それに近い物を感じ取り、ゆりっぺの歌う姿をみると、ダブってしまうんですよね。
そして、路上を初観戦ということで、ゆりっぺからCDを(σ・∀・)σケ゛ッツ!!し、そして、今日の路上が終了して、しばらく、ゆりっぺが他のアーティストさんと話をしてから、恒例?の儀式に参加しました。
千晶ちゃんが良くやってたピ~スです。(笑)最後のステージまでいたのは、アテクシを含めてファンが3人でしたので、4人でやったんですが・・・・・・。
終わって、少し、話をしていると・・・・・・。どこかで見たことのある顔が・・・・・・・。いつものように終わった時間に現れ、いつもたくさんの荷物を持っているあのお方です!
そう!!コナンさんです!!!!! It's Konan Time!!!
っていうか、路上でコナンタイムに遭遇したのは初めてなので、突っ込みいれ倒しますた! もう一人、奈穂ちゃんファンの方もいらっしゃってて、結局、最後の儀式の撮り直し・・・・。(--;
な ∪(´ω`) ん (ω` ) で (`  ) や (  ) ね (  ´) ん ( ´ω) ! (´ω`)彡つビシッ  ま、ええねんけどね。(^^;
5/19ゲームセット後のゆりっぺの戦績でつ。(^^;
DSCF7141.jpg

廣瀬友里 それでも、好きだよ。

で、その時にゆりりんファンの仲間であるコロ助さんと、連絡を取りながら、コロ助さんが見ているもりこのところに行きました。実は、もりこは3月のゆりりんワンマンのOAで出演していたんですが、あまりよく見ていなかったで、初めてじっくりと見させてもらいました。
ゆりっぺからは、「もりこは本当に面白い子ですよ~」って、聴いていたので、(;^^)彡つビシッと突っ込みをいれようと思ってました。
ま~、普段のブログの内容も突っ込みどころ満載なんすけどね。(笑)
もりこの路上場所について、もりこに「ゆりりんワンマンの時にど真ん前、おってんけど、覚えてる?」って聞いたんですが、覚えて無かったみたいでつ。。。orz
そこで、ステージの合間にもりこのCDを(σ・∀・)σケ゛ッツ!!し、その時の会話も突っ込みどころ満載ですた。(笑)会話の抜粋(笑)
も「今日、帰られるんですか?」
K「明日のワンマンを見るっちゅうねん!」
も「あっ、そうなんですね・・・・・。」
K「来て、いきなり帰らすなっちゅうねん。(笑)」
などと、会話をしながら、CDにメッセージを書いてくれたんですが、デカいデカい。(笑)
しかも、「にょ~~~~~ なんでやねん」って、書いてあって、その意味がわからん・・・・・。なんでやねんって、メッセージで突っ込みいれられたのは初めてでつ。(笑)
その上、後で、気付いたんですが・・・・。行った日は19日でつ・・・・。 書かれていた日付は・・・・・・18日!!!!(爆)
日付間違えとるがな・・・・・。(´・ω・`) もう終始突っ込みどころ満載なもりこ路上でした。。。。。
そして、終電に間に合わなくなるというもりこが最終ステージを迎え、最後の儀式を行って、お見送りをして、マイミクさんたちと、電車に乗り、私は今回はライブのある渋谷のネカフェに行くことにしました。
もりこの歌ってる時の写真 一応、シンガーソングライターらしいので。(笑)
DSCF7145.jpg
続く・・・・・・。 今回は、前中後編でお送りしまつ。(爆)



癒しの歌姫・千晶ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

華麗なる歌姫・悠里ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Chiaki Loves... le Journal, Rox Star le Journal, Splendid Lilium le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
【ライブレポ】20120428 ゆりりんワンマン@渋谷Star Lounge【今回もどうせ、グダグダやろ?って、当たり前じゃ!(爆)】
Splendid Lilium le Journal / KOJI(qtdreamjp)
 いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。2週間過ぎてしまいましたが・・・・。(^^;
今回はゆりりんのワンマンライブレポです!
今回のワンマンは本当の意味でのワンマンで、OAが3人いはりましたが、単独ワンマンはバースデイライブ以来となります。
今回は、OAとして、同じ事務所の新人アーティストが出演となり、かなり、長い時間ですが。OAを見ることになりましたが、結果的に見て、おいしいという結果でしたので、良かったと思います。
今回、出演したお3人さんは、柳田愛美さん、一本松里沙さん、廣瀬友里さんです。
簡単に3人をご紹介すると・・・・・・。
柳田愛美さん・・・・
福島県福島市在住で、今も福島で活動されています。BEに移籍以前は、「MANAMI」というアーティスト名で活動されていました。アコースティックギターの弾き語りスタイルで演奏されます。
・The 4th Music Revolution Original Song Contest 福島地区大会でグランプリ受賞。
・The 4th Music Revolution福島地区大会でグランプリ&オーディエンス賞を受賞。
・The 5th Music Revolution福島地区大会でオーディエンス賞を受賞。

など、実力派のアーティストさんです。移籍以前にCDを2枚出されていますが、移籍後は入手不可になると思います。
柳田愛美さん名義では「おかあ」が1stシングルとして発売されます。
公式ホームページ「MANAMI公式サイト」 
http://x32.peps.jp/manamiutautai/?cn=15

一本松里沙さん・・・・
BE所属する金子絢音ちゃんが在籍していた専門学校「デジタルアーツ仙台」の在校生で、仙台を中心に活動中です。ボーカリストスタイルで普段からオケスタイルで路上をされています。愛称はポンちゃんで、親しみやすい人懐っこさと可愛いルックスが印象のアーティストさんです。
「またね」を1stシングルとしてリリースし、仙台を中心にたまに東京で活動されています。

廣瀬友里さん・・・・
BEに移籍以前は、Ant_Girlというアーティスト名で活動されていました。熊本県出身の女子大生シンガーソングライターです。移籍以前から東京を中心に活動されています。普段はピアノ弾き語りスタイルのアーティストさんです。ものすごく、情感を込め歌い上げる姿には感銘します。一気にその世界の虜になってしまいそうになりますね。声も特徴があり、独特の世界観があります。また、以前から人気のあるアーティストさんですので、これからの活躍が大いに期待できると思います。「あいたい」を1stシングルにリリースしています。

さて、ご紹介が終わったところで、まずはOAのお3人さんの印象は・・・・・・。
柳田さんは、一生懸命という感じですね。(^^;
一本松さんは、ポンちゃんと親しみのあるニックネームの通り、親しみがあり、物凄くフレンドりです。(^^
廣瀬さんは、本格派の実力派シンガーですね。涙の妖精と言ってもいいぐらい。情感がこもってます。
なんか、トミタショウゴさんのような熱きアーティスト魂をもちつつ、自分の世界観を確立している感じですね。
柳田さんはまだ、リリース前でしたので、現在の持ち歌から1曲だけの披露でした。後の二人はリリースするCDから全曲の披露となりました。
ポンちゃんは、可愛らしい女の子で、お友達になれますよ。廣瀬さんは廣瀬さんの世界にどっぷり浸ることができます。ライブで聴くことがあれば、じっくりと聴いてみてくださいね。

さて、本番のゆりりんのワンマンですが!今回はバンドスタイルで東京野球物語からの披露となり、今までのオケスタイルとは違い、楽曲に迫力がありましたよね。そうなると、こっちとしても、余計に力が入り、物凄く盛り上がってしまいました!!(^^;;

最近のゆりりんのワンマンはしょっぱなから全開モードに持っていくパターンが多く、いきなり伝家の宝刀「バッタービビってる」を出してきて、続いて2曲を怒涛で流していき、観客がいるライブハウスを汗が滴るスタジアムへと引き込んでいきました。もち、アテクシは、ゆりりんのど真ん前でゆりりんのために一生懸命にやりましたよ~。(^^
だから、お騒がせやっちゅうて、ごく一部の方から言われるでつが。(爆)
今回もステージ運びに定評のあるゆりりんは廣瀬友里さんのファンをも引き込み、みんなを楽しませるステージを全開でやってくれました。とてもいい汗がかけたと思います。セットリストはご勘弁を。(笑)

そして、今回は、ゆりりんはワンピースを着て、本番中はずっと、ステージにいましたが、アンコールで衣裳チェンジをしていましたので、アンコールが長い長い・・・・・。
はっきり言って、一番、疲れたのはアンコールを叫んでいる時かもしれませんね。(爆)

今回のライブで思ったのは、廣瀬さんの人気の凄さに脅威を感じた次第ですね。身内の方も来られていたようですが、物販では、廣瀬さんとゆりりんが互角に人が並ぶという物凄い光景を目の当たりにしてしまいました・・・。
その間にいたポンちゃんが可哀そうでしたが・・・・・。
ポンちゃんのCDはちゃんと(σ・∀・)σケ゛ッツ!!してますよ。頑張ってほしいし、その人懐っこさに応援心をくすぐられたかもしれません。
廣瀬さん(ゆりっぺとニックネームがあるそうでつが・・・)は人気ですね。将来の活躍が期待されますわ。
ただ、今までの楽曲提供体制では厳しいのではと思った次第なので、どうなるかは注目していきたいと思います。とにかく、今年デビューした新人アーティストは実力者ぞろいなので、今までに所属しているアーティストもうかうかしておれないでしょうね。いい意味での競いあって、切磋琢磨してくれればよいかと思います。

って、こんな感じでしたが、良かったですか?ま~、グダグダなのは、折り紙つきなんで。って、どこの?って、突っ込みは大歓迎でつ!!(^^;
逃げっ!~~~~~~~~~~~(~;´ω`)~



華麗なる歌姫・悠里ちゃんの最新情報はこちらでチェック!

このコラムに興味がおありの場合は、クリックしてください。
Check
Category : Splendid Lilium le Journal, 管理人ブログ | Comments [0] | Trackbacks [0]
このサイトについては、"Information"をご覧ください。
このサイトにStarGateを設定(リンク)していただけるサイト様は、"StarGate"をご覧ください。


このサイトは当初オカヤンさんのご協力により作成いたしました。オカヤンさんのサイトは閉鎖されてしまいましたが、リスペクトの意を込めてバナー表示させていただきます。サイト名:AI am...

未成年の喫煙、飲酒の防止する環境作りをしましょう。売らないだけではだめです。買わない、買わせない環境づくりを!
Total access:Total
RSS Reader by CANDY CGI- modefied by K-RCI World Service